痒い頭皮の水なし対処法!

夏は汗や脂の分泌が盛んな時期なため、頭皮もベタつきやすく、痒くなりやすい時期です。また、冬も冬で乾燥しがちなので、乾燥による頭皮の痒みが出てしまうこともあります。頭が痒くて掻いてしまうことは毎日誰でもある程度はあるものだと思います。

しっかりと毎日、或いは自分の体質に合わせて一日おきでも良い人もいると思いますが、シャンプーでしっかり頭皮を指の腹でマッサージして徹底的に洗い流すことは、頭皮の痒み予防に大前提のものです。また、ドライヤーでしっかり根本から乾かすことも同じぐらい大事です。頭皮が湿ったまま放置すると、そこからカビが繁殖したりして、頭皮の炎症の原因になる場合もあるからです。

そういった当たり前のことをこなしてきている前提で、日中洗髪できない状態で頭皮が我慢できないぐらい痒くなってしまった場合、いくつか対処法があります。

一つはドライシャンプーをすることにより頭皮をすっきりさせることです。ドライシャンプーは水を使わずに頭を綺麗にするためのものですが、市販のものもありますが、実はベビーパウダーでも代用できるそうです。小さめのベビーパウダーを常に携帯し、トイレなどで頭の上から適量に振りかけ、櫛で梳かすだけで、頭皮がすっきりした感覚をもたらすことができます。

また、もう一つあまり美しくない方法ではありますが、液体状のムヒなど、それもできれば「クール」と書いてあるひんやりした感覚をもたらしてくれるものを頭皮に塗り、指で軽く頭皮をマッサージすることも痒み自体には効果的です。その日のうちに洗い流した方が良さそうですが、その場しのぎの対策としての効き目はあります。美容院でヘッドスパをやってもらったりする場合、ひんやりした感じのオイルなどで頭皮をマッサージしてもらうことがありますが、その感覚と少し似ていて、なかなか気持ちの良いものです。

毎日頭皮も髪の毛も清潔に保つことが頭皮の痒み予防に最も重要なことですが、それでも頭皮が痒くなって我慢できない状態になったら、是非身近にある安価なベビーパウダーやムヒなどで対処してみてください。試してみる価値はあります。