乾燥からくる頭皮のかゆみに効果があるのは?

乾燥肌のため、季節によると頭皮がかゆくなって困ります。かゆくて、頭ばかり触っているとフケの原因にもなりますし、かゆみが余計に増してしまいます。こういう時はシャンプーの刺激が強すぎるので、できるだけ洗浄力の低いシャンプーを使います。

一番かゆみに効果が感じられたのはアミノ酸シャンプーで洗う方法です。最初にお湯洗いをして、髪全体の汚れを落とします。ここで終ってもいいのですが、やはりお湯洗いだけだと乾燥から出ている皮脂が気になりますのでシャンプーを使って洗ったほうが良いですね。だいたい乾燥している頭皮というのは、肌を守るために皮脂の分泌が増えているので特に気をつけたいです。次に泡立てネットなどを使って適当にもこもこの泡を作ります。そして頭皮を洗うイメージで1分程度の短時間でマッサージして終了です。

かゆみがあるとついついゴシゴシ、ガシガシと洗いたくもなるのですが、絶対に避けます。お風呂上りには、育毛ローションで保湿します。種類にもよりますが、育毛系のものには保湿成分が入っていることが多いので乾燥からくるかゆみには効果的です。頭皮の血行も改善しますので、早く乾燥を改善してかゆみを抑えるのにも向いています。顔に塗る化粧水なども試しに塗ってみましたが、髪がベタつく原因になるのであまり向いていません。反対にかゆくなる原因にもなります。

最後には丁寧にドライヤーで乾かします。頭皮が乾燥している時にはドライヤーは避けたいのですが、髪は濡れたままほっておくと余計に頭皮を乾燥させてしまいます。雑菌も繁殖するので自然乾燥はおすすめできません。髪の毛を持ち上げて髪の根本を中心に半分くらい乾かしたらあとは自然に任せます。もしドライヤーで頭皮がかゆくなるなら、乾かしすぎも考えられます。
1週間くらい丁寧なケアを続けていると、かゆみも随分改善します。日中も乾燥からのかゆみが気になるのなら、頭皮用の保湿ローションを使うとさらに効果的です。

頭皮が痒くなったら試してほしい3つのこと

頭皮が痒くてたまらない。なんて経験ありませんか?
頭皮の痒みは突然やってきます。
痒くてたまらない、痒いからと手でバリバリと掻いてしまう。でもしばらく時間が経つと、また痒くなる。もうたまらない、どうにかしたい。
そんなときは、これから紹介する3つのことを試してみて欲しいと思います。

  • 1.マッサージしてみる

手を清潔に洗ったうえで、頭を揉むようにマッサージしてみましょう。
コツは、しっかりと頭皮を動かしながら
マッサージしてやることです。
あと、塩揉みも効果があった人もいるようです。
散髪の前に、指先に塩を適量つけてマッサージしてやるのです。
試してみる価値はあるかもしれませんよ。

  • 2.頭にタオルを巻いたうえで掻く

頭を描く場合、どうしても爪で掻いてしまいます。
しかし爪で掻くと、頭皮を傷つけてしまい、また痒くなってしまいます。
だからどうしても頭を掻きたい。我慢できない。なんていうときは、頭にタオルを巻いて、タオルの上から掻くようにしましょう。
そうすれば爪で頭皮を傷つけてしまうこともないのです。

  • 3.保湿剤を使ってみる

頭皮の痒みの原因のひとつとして、頭皮が乾燥していることが考えられます。
その場合は、化粧水や乳液を使うことで痒みを抑えることができます。
要は頭皮を保湿してやることによって、痒みを抑えることができるのです。

  • それでも痒みが治まらない

この3つの方法をやってみても痒みが治まらない。ということであれば、日々の生活を見直してみましょう。

シャンプーのとき、しっかりすすいでますか?すすぎが甘いと痒みの原因となります。
シャンプーのすすぎは2分間以上行わなければなりません。
またシャンプーしながら、頭皮を爪で洗っていませんか?これも頭皮を傷つけてしまいます。

あと、そもそも利用しているシャンプーが、肌に合っていない可能性もありますので、シャンプーを変えてみるのもひとつです。

最後に、ここまでやって痒みが治まらなければ、皮膚科の診察を受けましょう。
病院で医師の適切な処置を受けるのが本当は一番良いのです。

アミノ酸系シャンプーや塩で頭皮をマッサージ!頭皮の痒みがなくなりました

時々頭皮が痒くなってしまうんですよね。頭皮が痒くなるというのは頭皮環境が良くないということなので、そういう時に私はアミノ酸系シャンプーを使うようにしています。アミノ酸系シャンプーは普通のシャンプーに比べると髪や頭皮などにとても優しいんですよね。

頭皮の痒み、抜け毛、フケなどがひどい場合は頭皮が弱っている状態だと思っているので、そのまま普通のシャンプーを使い続けているとさらにひどくなってしまうんです。アミノ酸系シャンプーを使い頭皮を揉んでみます。その時決して強い力で揉まないようにしています。優しく丁寧に揉むと頭皮がとてもさっぱりして気持ちが良いんですよね。

その後しっかりと汚れやシャンプーを流すようにするんです。忙しくてパパっとシャンプーを洗い流している時は頭皮の痒みが強くなるので、きちんとシャンプーを洗い流すようにします。私が使っているアミノ酸系シャンプーは泡立ちが良くなく、最初は泡立ちが良くないと効果がないのではと思ったのですが、そんなことはないんですよね。

頭を洗った後はすごくさっぱりするので良いです。アミノ酸系シャンプーを使用してから、三週間ぐらいでかなり頭皮の痒みがなくなります。いつもこの方法で頭皮の痒みが改善されるので、アミノ酸系シャンプーにはかなり助けられています。

アミノ酸系シャンプーがすぐに用意できない場合、いつもよりも丁寧に優しく頭皮を洗うだけでも痒みに効果があります。私が効果があったなと思うのは他にもあります。塩で頭皮をマッサージすることです。これは友人に聞いたことなのですが、塩でマッサージをした後に頭皮をお湯で洗い流した時に痒みがピタっと消えました。びっくりしました。ただ、塩を使う時は頭皮が痒くてかいてしまった後は注意したほうが良いです。かなり痛いです。私はそれをしてしまってあまりの痛みに叫んでしまいました。

痒い頭皮の水なし対処法!

夏は汗や脂の分泌が盛んな時期なため、頭皮もベタつきやすく、痒くなりやすい時期です。また、冬も冬で乾燥しがちなので、乾燥による頭皮の痒みが出てしまうこともあります。頭が痒くて掻いてしまうことは毎日誰でもある程度はあるものだと思います。

しっかりと毎日、或いは自分の体質に合わせて一日おきでも良い人もいると思いますが、シャンプーでしっかり頭皮を指の腹でマッサージして徹底的に洗い流すことは、頭皮の痒み予防に大前提のものです。また、ドライヤーでしっかり根本から乾かすことも同じぐらい大事です。頭皮が湿ったまま放置すると、そこからカビが繁殖したりして、頭皮の炎症の原因になる場合もあるからです。

そういった当たり前のことをこなしてきている前提で、日中洗髪できない状態で頭皮が我慢できないぐらい痒くなってしまった場合、いくつか対処法があります。

一つはドライシャンプーをすることにより頭皮をすっきりさせることです。ドライシャンプーは水を使わずに頭を綺麗にするためのものですが、市販のものもありますが、実はベビーパウダーでも代用できるそうです。小さめのベビーパウダーを常に携帯し、トイレなどで頭の上から適量に振りかけ、櫛で梳かすだけで、頭皮がすっきりした感覚をもたらすことができます。

また、もう一つあまり美しくない方法ではありますが、液体状のムヒなど、それもできれば「クール」と書いてあるひんやりした感覚をもたらしてくれるものを頭皮に塗り、指で軽く頭皮をマッサージすることも痒み自体には効果的です。その日のうちに洗い流した方が良さそうですが、その場しのぎの対策としての効き目はあります。美容院でヘッドスパをやってもらったりする場合、ひんやりした感じのオイルなどで頭皮をマッサージしてもらうことがありますが、その感覚と少し似ていて、なかなか気持ちの良いものです。

毎日頭皮も髪の毛も清潔に保つことが頭皮の痒み予防に最も重要なことですが、それでも頭皮が痒くなって我慢できない状態になったら、是非身近にある安価なベビーパウダーやムヒなどで対処してみてください。試してみる価値はあります。

私のお手軽頭皮ケア

これからの季節頭皮のかゆみを感じる方は多いのではないでしょうか?暑いと頭皮に汗をたくさんかきますからしっかり対策とケアをしないと、かゆみが出てきてしまいます。また、年中頭皮がかゆい人も中にはいますよね。乾燥によるものだったりアレルギーによるものだったり、原因は様々です。

女性の皆さんならわかると思いますが、髪をセットしてあるときに頭皮がかゆくなってくると本当に困りますよね。私も髪をアップしたセットの時痒みが来ると髪型が崩れてしまうからいつも我慢して辛い時があります。

私はそんな時かゆみがこないように対策を心がけています。その方法はいくつかあるんです。

  • 1つ目は、シャンプーとコンディショナーを使い分ける事です。

季節によって夏は爽快感のあるもの。冬は潤い、濃密なものを使うようにしています。それでも最近かゆいと感じる時はシャンプーを使うことを控えます。2日に1回くらいのペースで使います。その代わりしっかり水洗いをします。コンディショナーは頭皮につかないようにするのもポイント。頭皮に余計な負担をかけないようにします。そして、しっかりドライヤーで乾かす。これも大切です。濡れたままで放置させておくことが1番良くないのですぐ乾かすことが大事です。

  • 2つ目は、野菜をしっかりと取ることです。

野菜中心の栄養のバランスの良い食事が結果的に頭皮にも良いんです。頭皮はとても敏感ですので、暴飲暴食をしていると栄養不足から頭皮の荒れ、かゆみの原因になってしまうんです。なので私は健康のためにも、ダイエットのためにも野菜中心の食生活を心がけています。

これらのことはとっても簡単に生活の中に取り入れるだけなのでとっても楽チンです。また、ストレスフリーな生活も基本的なことですが大事ですよ。ストレスは頭皮だけでなくメルタルヘルスにとってもよくありません。お手軽に気軽に対策をしていきましょう。

頭皮の痒みとその対処法

  • まずシャンプーを見直す

まずはシャンプーを見直しましょう。
もしかしたら頭皮の洗浄成分が強すぎて、頭皮が乾燥してそのせいで頭皮がかゆくなっているのかもしれません。
お手持ちのシャンプーが高級アルコール系だったり石鹸系の場合は注意が必要です。
もしその手のシャンプーを使っていて頭皮がかゆいのであれば、成分が合わない可能性があります。

頭皮の清潔を保つのはとても大事な事ですが、頭皮にはある程度の皮脂が必要ですべて洗い流してしまうほどの状態になるとこれによって頭皮が乾燥してかゆくなります。

皮脂はすべてが頭皮にとって悪いわけではなく、保温の役割も担っていて雑菌の侵入を防ぐ働きをしています。

  • 頭皮の洗い方に問題がある

一番考えられるのがシャンプーの流し残しです。
商品にもよりますが、洗い流す時間が短すぎると成分が髪にくっついたままになって頭皮がかゆくなります。
髪の短い男性であっても最低でも1分は頭皮を洗い流すようにしましょう。

  • リンスが頭についた状態で寝る

リンスは髪の毛のキューティクルを補修するために髪の表面に膜を張ります。
そのためシャンプーよりもリンスの方が髪に長く残り、流れにくいです。
リンスは化学物質からの保身のための役割を持ち、皮脂を多く分泌させます。
多く分泌されたら皮脂は雑菌の温床になってかゆみ、フケの原因にもなります。
さらに皮脂は酸化作用があるのでそれが頭皮の不快な臭いをもたらすこともあります。

  • 寝具の状態をチェックする

髪を洗ってさえいれば清潔だと思いがちですが、就寝中も人は汗をかきます。
冬であってもです。特に枕カバーは雑菌が溜まりやすくかゆみの環境になりやすいです。

寝具を長いこと洗っていないと寝具についている雑菌には寝具に発生するダニによって頭皮の痒みに繋がることがあります。

寝具に発生するダニの「ヒョウダニ(チリダニとも呼ばれます)」は、日干しで簡単に退治できます。
布団を干したあとは乾燥機に入れたり布団を掃除機でかけるとなお効果的です。

頭が痒い人は、シャンプーブラシでしっかり頭皮ごと洗浄

夏になると、髪の毛で蒸れたり、整髪料と汗がまざってべたべたになり、頭皮が痒くなりますよね。頭皮のトラブルはフケやできものだけでなく、薄毛にも影響しますので、大変ストレスの多いものです。

そんな人にはシャンプーブラシで、しっかり頭皮を洗浄するのがおススメです。高い商品だと、ウン千円もするような高級品もありますが、100均で買える、シャンプーブラシでも十分に効果を期待できますよ。シリコン製なんですが、先端がすこし固めに作ってあるので、頭皮のマッサージ効果まで期待できます。

使い方も簡単。

お風呂に入るときに、まず髪の毛を全体をシャワーで濡らしてから、カラダと顔を先に洗います。髪を濡らした後に、時間を空けて髪を洗う事で、頭皮と髪についた汚れを浮かせることができ、しっかりと洗う事ができます。

手のひらでシャンプーをしっかり泡立てたら、シャンプーブラシで頭全体を洗っていくだけ。後頭部、頭頂部、前と部分ごとに分けて洗うと、洗い残しにならずにしっかり洗うことができます。あんまり力を入れすぎず、歯ブラシでブラッシングするように小刻みにちょっとずつ洗っていくのがコツです。

最後に美容院であらってもらうように、頭皮を揉むようにしっかりマッサージしながら洗ってください。頭皮の汚れが掻きだされてきますので、ちゃんと洗い流すのも忘れずに。
ブラシにあんまり力を入れすぎると、ちょっと痛いかもしれませんで、優しく洗ってくださいね。

たったこれだけで、洗髪したあとの頭のスッキリ感が全然違います。

シリコン製なので、爪でひっかいて、頭皮を傷つけることもないですし、ネイルが痛むのをを気にせずに簡単に頭皮を洗うことができまし、お洒落なネイルをしている女性にもおススメです。

100均のアイテムで簡単に、ヘッドスパにいったかのような爽快感が味わえるので、是非試してみてください。