ツーショットダイヤルに多く見られる「セツクス依存症」のオンナたち

ツーショットダイヤルは出会い系アプリに匹敵する知名度を持った

ツーショットダイヤルが盛り上がるためには、何といっても必要なものと言えるのが、やはり「男女会員数」の増加ではないでしょうか。
もちろん、この業界に限らず、どのような市場においても利用するユーザーが少なくてはサービスに対する設備投資は一向に進まず、どん詰まりとなって市場は次第に縮小して行くのが常識ですよね。
ツーショットダイヤルは、店舗型のテレクラが全盛期を迎えていた1980年代から運営されているのですが、日本国内に携帯電話が出回ると、多くのユーザーがメールを使う出会い系サイトに流れてしまい過疎状態になってしまったという苦い過去があります。
でも、スマホや無料通話アプリの普及に伴って、まるで嘘みたいに再び電話によるコミュニティーサービスに注目する男女が急増したのです。
しかも、ここ数年間で一気にテレクラはユーザー数を取り戻した経緯がありのです。
現在、スマートフォンが本格的に普及し始めて約8年という月日が経ちますが、2016年時点でツーショットダイヤルは出会い系アプリに匹敵する知名度を持ったと誰もが確信したといわれています。
電話コミュニティーに対する人々の需要は更に伸びて来る!?そして、最近は電話コミュニティーに対する人々の需要は更に伸びて来るといわれますが、それは、人々はスマホという非常に便利なツールに対して、さらに「利便性」を求め始めているからだとされています。

広島市の中区はテレクラ店舗が2店舗あり、知らない人と即会うことに対する抵抗が比較的少ない地域です。
実際に中区からテレクラやツーショットダイヤルに電話してくる女性も多く、PCMAXも中区で会えます。
https://t.co/Z69i68Daod

— テレクラ出会いガイド【近所の女性と今すぐに会話したり出会ったりする方法や近所のアダルトショップ紹介】 (@telguideinfo) 2019年4月16日

ツーショットダイヤルは出会い系アプリに匹敵する知名度を持った : これからも「出会い系」の一種と捉えて参加する男女が増える : 既存のツーショットダイヤルの良い部分を利用した新サービスが展開